2021年4月1日

羽仁もと子の言葉をお届けします 4月

 朝起きたら私たちは、きょう一日何につけても合理的に暮らしましょう、

それは新しくなる道なのだからと思いましょう。

新しい時代を知るのにも、新人として真に時代的な生き方をするのにも、

少しも特別な資格の必要はありません。

誰でもただみどりごの心で物を見て、そのまま正直に

行なって行きさえすれば、それが立派な新人になっているのです。

  「みどりごの心」  著作集第16巻『みどりごの心』