2021年7月17日

全国生活研究会が開催されました

7月13日、オンラインによる全国生活研究会が開催され、国内166友の会、海外からもサンパウロ、ロサンゼルス、ソウルからの会員合わせて692人が参加しました。

2020年全国友の会家計報告や家計簿に表れた生活の変化、クラウド家計簿kakei+で家計が把握しやすくなった、家計簿で不安が安心に、など家計簿のある生活を話し合いました。また、ごみ処理場の見学や麻で作った洗濯ネット、へちまのキッチンたわし、生ごみコンポスト利用など各地のSDGsの取り組みについて聞きあいました。全国各地で私たちの生活研究から得た実感をもって秋の家事家計講習会に臨みます。「家庭は簡素に社会は豊富に」を目指して、今年もいろいろな方法で家計簿のよさをお伝えしたいと、思いをひとつにしました。