全国友の会について

全国友の会のあゆみ

羽仁吉一、もと子夫妻によって雑誌「婦人之友」(1903年創刊時は「家庭の友」)が創刊され、その愛読者から、親しい集まりを持ちたいとの願いが寄せられました。それを受けて、「婦人之友」1919年1月号の誌上で、「読者組合組織」が提議され、2月に「読者組合」が誕生しました。当時の封建的な社会の中で孤立していた女性たちが婦人之友を通して友情を育み、互いの能力を生かし成長したいと願いました。1927年に、羽仁もと子は「読者組合」を改め、全国に「友の会」の設立を呼びかけました。家庭生活を出発点として、社会に広く女性の力を及ぼして行こうと、家事家計、子どもの教育、健康、その他すべての家庭生活の充実向上を、協力して研究し、励ましあって実行を務める友の会が次々に誕生していきました。1930年11月、全国から友の会の代表が集まり、第1回全国友の会大会が開かれ、友の会決議文が読み上げられました。この時の友の会は全国に39、会員数は約1,000人でした。

決議文

  1. 一、私どもは家庭における封建的・個人主義的の気風を清算して、愛・自由・協力による新家庭精神の樹立に努力します。
  2. 一、私どもは志を同じうする女性の団結によって、愛・自由・協力による新社会の建設に努力します。
  3. 一、私どもはこのために各人の有する機会、才能及び労力を惜しみなく献げんことを約束します。
家事家計講習会

2018年現在、友の会は国内に174、海外に10。会員数は約17,000人です。それぞれの友の会は独立した組織、経済を持ち、それぞれの場所で、培った力を生かして、友愛セール、講習会、親子の集まり、時に応じた災害救援や公共奉仕の活動など、地域に根差した活動を続けています。全国には活動の拠点として124の友の家があります。友の家は公益財団法人全国友の会振興財団が所有し、維持管理をしています。

羽仁もと子について

羽仁もと子

婦人之友社、自由学園、友の会の三団体の創立者。1873年(明治6)青森県八戸に、旧南部藩士松岡家の長女として生まれる。(八戸市には1991年に羽仁もと子記念館が建設された)16歳で上京し、東京府立第一高等女学校に入学。翌年築地明石町教会で洗礼を受ける。キリスト教主義による明治女学校高等科に、「女学雑誌」の校正の仕事をしながら学ぶ。帰郷して尋常小学校や盛岡女学校の教員をし、その後結婚するが、まもなく離婚。1897年(明治30年)再度上京し、報知社(現・報知新聞社)に職を得、日本で初めての女性ジャーナリストとなった。1901年(明治34年)羽仁吉一と結婚。二人は健全な家庭の成長を願い雑誌「家庭之友」(後に「婦人之友」と改題)を創刊。家計簿、主婦日記を創案、予定と予算で筋道の立った生活を広める。生活力を高め、家庭経営で培った女性の力を平和で豊かな社会の建設に向けることを誌上から呼びかけ続けた。その思想に賛同する愛読者によって各地に友の会が生まれた。1930年(昭和5年)友の会の代表が集まって、羽仁もと子を中心に「全国友の会」を設立。新社会の建設のために惜しみなく力を出すことを決議した。友の会の成長と共に三団体の特性を活かし、農村生活改善運動、北京生活学校、終戦後の引き揚げ者援護事業、各種展覧会や講習会の開催など、社会へ向けた様々な事業を展開。1957年(昭和32年)逝去。

友の会の活動

会員の集まり友の会の中での集まりは、小さなお子さん連れで参加できます

最寄会 住まいの近い会員の集まりです。羽仁もと子著作集を読み、身近な生活を(衣、食、住、家計、子どものことなど)題材に学び、交流を深めていく家庭的な集まりです。
例会 各地友の会で会員が一堂に会する集まりです。羽仁もと子著作集の読書、最寄会や身近でしている生活勉強の発表、活動の報告などをして、会員同士のつながりを深める交流の場です。
全国友の会大会 年に1度、全国各地の友の会から代表が集まり、活動報告をし、今後の方針と展望を協議します。
全国生活研究会 各地友の会で生活に根ざした衣、食、住、家計、子どものことなどの研究をし、自然環境のことも含めた真の生活合理化を考えていきます。友の会での研究や成果を持ち寄り、「全国生活研究会」「全国子ども研究会」「全国家計研究会」「全国農村愛土生活研究会」など 全国規模の研究会を行い、更に研鑽を重ね社会に発信します。
部の活動 全国の10の部では地域の近い部の中の友の会が集まり、部会、研究会などを行っています。

講習会 講演会 コンサートなど各地友の会で企画、開催します

生活講習 料理・洋裁・洗濯・編物・掃除・整理収納・工芸などの講習会を行います。初心者、男性、若い家庭向けの生活の基礎講習もあります。
家事家計講習会 毎秋全国一斉に、開催しています。会員が日々勉強している事を内容にして、各地域で講習します。会員の生活を通して、予定と予算のある家計簿を紹介しています。

子どものすこやかな成長を祈って

こどもと親の集まり 若い家庭と、乳幼児から高校生までの子どもたちに働きかける活動をしています。乳幼児グループ、小学生の集まり、2015年からの「おさなご発見U6ひろば」活動など、様々な集まりを行っています。
友の会幼児生活団 幼児期の子どもたちの、生きる力、感じる心、考える力を育みます。
詳しくは「友の会幼児生活団」のページをご覧ください。

地域とともに

友愛セール 会員の手作りの食品、生活の中から生まれた暮らしに役立つ製作品、手作りおもちゃ、手入の行き届いたリサイクル品などの販売をします。創立当初より、地域との交流、物の命を大切にとの願いから「友愛セール」と名づけています。
公共活動 地域との交流、イベントの参加。施設へ食事作り、配食、衣類整理など協力します。災害時には、友の家の開放、物資の提供、被災地との交流などの協力活動をします。社会福祉活動を行っている団体へ支援協力します。詳しくは「公共活動」のページをご覧ください。
  • 最寄会

    1最寄会

  • 最寄会

    2最寄会

  • お米を食べましょう発表

    3お米を食べましょう発表

  • 洗濯講習会

    4洗濯講習会

  • 牛乳パック椅子製作研究会

    5牛乳パック椅子製作研究会

  • 講演会

    6講習会

  • 講演会

    7講習会

  • 講演会

    8講演会

  • 家事家計講習会

    9家事家計講習会

  • 全国友の会大会

    10全国友の会大会

  • 全国友の会大会

    11全国友の会大会

  • 友の会幼児生活団

    12友の会幼児生活団

  • 友の会幼児生活団

    13友の会幼児生活団

  • 友の会幼児生活団

    14友の会幼児生活団

  • 子どもと親の集まり

    15子どもと親の集まり

  • 公共活動

    16公共活動

  • 公共活動

    17公共活動

  • 友愛セール

    18友愛セール

友の会のあゆみ

1930年(昭和5年)全国から30友の会の代表が東京に集まり、第1回大会が開かれ、全国友の会が成立しました。翌1931年、全国友の会で主催する初めての大規模な事業である「家庭生活合理化展覧会」を東京目白の自由学園を会場に開催。働きかけつつ成長する友の会が歩み始めました。

1903年(明治36)
  • 「家庭之友」創刊
1908年(明治41)
  • 「婦人之友」と改題
1921年(大正10)
  • 自由学園を創立
1923年(大正12)
  • 婦人之友読者組合の誕生
1927年(昭和2)
  • 羽仁もと子著作集の刊行
  • 各地に友の会成立 読者組合は新たに友の会として出発する
1930年(昭和5) 会員数約1,000人
  • 全国友の会成立。第1回大会が開かれ、11月15日「全国友の会成立を告ぐるの会」で友の会決議文が読み上げられた
1931年~
  • 家庭生活合理化展覧会始まる。その後2年間にわたって全国の主要都市60か所を巡回、のべ約55万人が入場
1933年(昭和8) 会員数4,450人
  • 家計簿講習会全国で開催 その後「家事家計講習会」として、毎年全国各地で開催されている
  • 友の会生活学校始まる
  • 全国友の会消費組合始まる
1935(昭和10) 会員数5,942人
  • 東北農村生活合理化運動5ヵ年計画始まる。東北地方大凶作に際し、東北6県に農村セットルメントを開く
1937年(昭和12) 会員数5,995人
  • 1日1銭醵金運動始まる 現在の「われらの公共費」へとつながる
1938年(昭和13) 会員数6,101人
  • 幼児生活展覧会開催。その後2年にわたって33か所の友の会で開催 入場者のべ290,747人
1940年(昭和15) 会員数7,918人
  • 全国友の会創立10周年「貯金のできる楽しき家庭生活」展覧会開催 各地を巡回 入場者のべ309,875人
1946年(昭和21) 会員数不明
  • 4年ぶりに戦後初の全国大会が開かれる
  • 引揚者援護事業始まる
1949年(昭和24) 会員数8,452人
  • 「1日1銭醵金」を「農村醵金」と改め、農村文化運動のため呼びかける
  • 全国23か所で短期農閑期衣食住学校を開く
1950年(昭和25) 会員数9,152人
  • 全国友の会成立20周年。「われらの衣食住展覧会」開催 3年間に全国107ヶ所を巡回 入場者のべ523,500人
1955年(昭和30) 会員数12,833人
  • 10月26日 羽仁吉一逝去 享年75歳
  • 全国友の会家計報告始まる その後毎年実施
1957年(昭和32) 会員数14,105人
  • 4月7日 羽仁もと子逝去 享年83歳
1959年(昭和34) 会員数15,587人
  • 全国一斉時間しらべ始まる 11,649人が参加
1960年(昭和35) 会員数16,238人
  • 全国友の会成立30周年。11,000人の主婦の創った家庭生活展覧会開催 2年間で136か所で開催 入場者のべ675,358人
1963年(昭和38) 会員数17,884人
  • 全国友の会教育費しらべ始まる
1973年(昭和48) 会員数25,517人
  • 創立者生誕百年記念「生活即教育展」「・生活こそすべての人の教育の場・生活こそ人間とそのよい社会をつくる基礎工事」をテーマに全国156ゕ所で開催。1975年沖縄で幕をおろす。入場者総数555,544人
1975年(昭和50) 会員数27,963人
1984年(昭和59) 会員数31,420人
  • バングラデシュの人たちの生活改善のため、大豆料理、洋裁技術を携えて台所の交流が始まる。2002年まで15回、バングラデシュ訪問が続いた
1995年(平成7) 会員数27,646人
  • 阪神淡路大震災が起こり、婦人之友社、自由学園と共に神戸、西宮の友の家を拠点として支援活動を始める
2011年(平成23) 会員数20,551人
  • 東日本大震災が発生。盛岡、仙台、福島、郡山を拠点に全国からの支援を受けて三団体の被災地での救援、交流が始まる
2015年(平成27) 会員数18,852人
  • 東京の自由学園明日館で「おさなご発見 U6ひろば」開催。6才以下の子どもを持つ家庭の笑顔があふれる生活を願って、全国にU6活動が広がる

2018年現在 20歳代から100歳代の約17,000人の会員が手を携えて、社会に働きかけつつ歩みつづけています。

  • 羽仁夫妻新婚の頃

    1羽仁夫妻新婚の頃

  • 第一回友愛セール1929

    2第一回友愛セール1929

  • 第一回全国友の会大会

    3第一回全国友の会大会

  • 家庭生活合理化展

    4家庭生活合理化展

  • 家庭生活合理化展神戸1931

    5家庭生活合理化展神戸1931

  • 東北セツルメント小湊(1935)

    6東北セツルメント小湊(1935)

  • 東北セツルメント鎌田農村女子生活講習

    7東北セツルメント鎌田農村女子生活講習

  • 家事家計講習会1936

    8家事家計講習会1936

  • 幼児生活展覧会1938

    9幼児生活展覧会1938

  • 貯金のできる楽しき家庭生活展1940

    10貯金のできる楽しき家庭生活展1940

  • 沢崎梅子講習会誰でも家持ち上手になる講習1950

    11沢崎梅子講習会誰でも家持ち上手になる講習1950

  • 11000人の主婦の創った家庭生活展覧会1960(参加者が1000人増えたので名称変更)

    1211000人の主婦の創った家庭生活展覧会1960(参加者が1000人増えたので名称変更)

  • バングラデシュ女性に縫製指導

    13バングラデシュ女性に縫製指導